はてなの大三国志ブログ

大三国志のスタートダッシュ・シーズン攻略・部隊編成・最新情報をお届けします

【英雄縦横】新シーズン「英雄縦横」がスタート!

2020年3月17日12時より「英雄縦横」がスタートした。新シーズンの情報を手に入れるためサブ垢で侵入したので、その情報を共有したい。

英雄縦横の新季召募ラインナップ

f:id:xxxcodomoxxx:20200317170036p:plain
f:id:xxxcodomoxxx:20200317170039p:plain

新シーズンで入れ替えされたXP武将はいないようだ。今後は征服シーズン武将が追加されると、征服初期で追加されていた武将と入れ替えになっていくはずだ。なので、張機や蜀関羽孫策は引けるうちに引いておきたい。もちろん名将ガチャのラインナップには残り続ける。

シーズン市場

f:id:xxxcodomoxxx:20200317181848p:plain

武略は200五銖銭で購入可能。思った以上にリーズナブル。何度も繰り返し武略ガチャを繰り返すハメにはなりそうだ。シーズン限定の武将特性8武将。中国では孟獲や典葦、孫堅等がシーズン特性武将として追加されたが、それらは含まないようだ。

五銖銭と銅銭負担が序盤では非常に重たいが、決勝中原にあった、シーズン戦法(形兵列陣や猟敵之蜂、陥敵之謀等)や資源生産量の増加機能は削除されているため、五銖銭は実質特性と武略に活用することになりそうだ。そのため決勝中原の五銖銭と比べると価値は比較的低いと考えられるが、NPC勢力との戦争等でどれくらい五銖銭が稼げるかにもよるかもしれない。

 

英雄縦横シーズン専用武将特性

馬雲禄

f:id:xxxcodomoxxx:20200317190453p:plain

「主動戦法発動後~」からが追加能力。最も合う戦法である「並進」が未だに未実装状態なので、衝鋒や風儀亭、全凸あたりが候補になりそうだが、わざわざ使うほどではない。特に衝鋒は決勝中原のシーズン戦法である「鉄騎衝鋒」で利用するならわかるが、単独利用するほどの価値はなさそうだ。正直並進待ち。

董卓

f:id:xxxcodomoxxx:20200317190456p:plain

董卓は「自身の位置が中衛・前衛の場合」と限定されているため、董卓無双は不可能となった。個人的にはしょうもない特性だと思っていたので、大歓迎。単純に前衛の反撃騎馬としての価値は残る。

貂蝉

f:id:xxxcodomoxxx:20200317190459p:plain

効果ターンが3ターンから4ターンになったところで、っていう強化。価値なし。

孫尚香

f:id:xxxcodomoxxx:20200317190512p:plain

60%で準備ターンスキップは強力。勝兵求戦効果が付いているといえるので、1スロット分お得なので強力。孫尚香の進化が進んでいる場合は積極的に活用して良さそうだ。孫権も呉なので孫尚香を盗賊編成の本営に活用して、陣営効果を得るのも良い。弓呂布と比べると個人的には弓呂布のほうが強いと思うが、美人計での7軍クラスでの活用は十分あり。

黄忠

f:id:xxxcodomoxxx:20200317190515p:plain

発動率100%の固有戦法なので、そのダメージが最大120%増加するのはスケールがでかいが、元々黄忠の固有は対象が1~2のため、結構なブレはありそうだ。使う場合は白刃や反計之策、回復系の戦法などでの補強は考える必要はありそうだが、スタック自体は比較的早くたまりそうなので、火力はノーマルよりもかなり高そうで、期待できそうだ。騎馬ならもっと強いのにな。

司馬懿

f:id:xxxcodomoxxx:20200317190526p:plain

英雄縦横で最も注目すべきは司馬懿だろう。上記説明文の「残りの妖術効果...」に突っ込みは殺到しているはずだが、これは呪詛効果のことを指す。破凰は目標にダメージを与えて、スタック数を回収する必要があったが、司馬懿のみで回収できるようになったのは大きなメリットだ。そのため英雄縦横で主力武将の一角に入る。司馬懿がフル進化の方は率先して活用しよう。司馬懿の火力が上がるように調整すると良い。

許褚

f:id:xxxcodomoxxx:20200317190517p:plain

貂蝉と同様にゴミ強化。

姜維

f:id:xxxcodomoxxx:20200317190840p:plain

姜維姜維自身が回避の対象ではなかったが、この特性によって姜維自身にも回避効果が付与されることになるため、前衛での利用が可能になっている。その点では姜維の汎用性は飛躍的に向上した。フル進化姜維の場合は本営で道行険阻+兼弱を使うアタッカーにすることも可能だ。 

もう少し英雄縦横を分析してから、記事化できたらブログでまとめたい。

関連記事(一部広告含む)