はてなの大三国志ブログ

大三国志のスタートダッシュ・シーズン攻略・部隊編成・最新情報をお届けします

【流浪軍】流浪軍で組んでみたい編成

流浪軍は復帰したとしても二度とやらないと思うが、編成数を圧縮した上で、相手を抜ける流浪軍向け編成を考えてみた。

関銀屏(一騎+撃勢)張機(絶水+重整/三軍/利兵)趙雲(塁実+健卒)

張機を活用した高火力編成を考えると上記となった。塁実皇甫嵩は引き分けが多めの編成なので、塁実の利用先は趙雲とした。全武将がダメージを出し、回復禁止を抑えている。盗賊よりはよりダメージが出せる編成といえるだろう。

撃勢を蜀騎馬に使う場合は、

利刃陸抗(重整+鼎足江東)張機(利兵謀勝+絶水)皇甫嵩(健卒+塁実迎撃)

が良さそう。

馬岱(断金+磐陣)蜀関羽(謀定+全凸)徐庶(先駆凸+始計)

手番順:蜀関羽徐庶(速度振り)→馬岱になるように速度調整。

惜しげもなく戦法を使うなら、断金の代わりに撃勢。撃勢利用かつ高進化であれば塁実皇甫嵩も打ち破るだけの火力を出せると思う

陸遜(衆謀+十面)呂蒙(道行+兼弱)周瑜(神兵+大賞)

火力を優先するなら上記、安定を優先するなら呂蒙前衛(道行/利兵+単騎)。

馬超(怯心+疾撃)張遼(長兵+攻其)曹操(反計之策+一夫)

資源が余ったとき用の4軍。負けると資源効率が悪いので、余剰資源で活用。

郝昭(歩歩+壇兵)群貂蝉(百戦+避其/桃園)周泰(回馬+空城)

本城守軍用。守軍引き分けを目的として、前線本城移転でも長めに耐えられるような守兵とした。