はてなの三國志真戦ブログ

三國志真戦のスタートダッシュ・シーズン攻略・部隊編成・最新情報をお届けします

MENU

三國志真戦の内政考察

f:id:xxxcodomoxxx:20210525062317p:plain

三國志真戦は内政委任が可能です。委任武将は政治・魅力などのステータスや内政戦法によって効果が決まります。

シーズン1では内政委任したほうが良い武将はほぼ決まっています。

上記は現在の僕が任命している内政官です。

主政官

主政官は基本的に序盤中盤なら曹丕、中盤以降なら張昭です。序盤から中盤はずっと建設キューを入れている状態なので少しでも早く建設が終わるほうがいいです。その後は張昭で資源産出量を増やすほうが良いでしょう。

どちらの武将もいない場合は麋竺などの高政治ステの武将を任命しておけばOKです

 

木材官・製鉄菅・兵糧官・採石官

基本的に「〇〇産出量を〇%増やす」で固めましょう。「屯田UP」系はお勧めしません。逆に言えば屯田するときだけ使えばいいですが、レベリングの問題もあるので、そこまでこだわる必要がないです。

第二戦法も産出系がある場合はそちらを利用しましょう。

武将で言えば、

木:李厳

鉄:陳羣(または董允

米:陳琳

石:簡雍

となります。基本的にステと戦法の影響だけなので、武将をランクアップさせる、早いうちから委任してレベリングしておく、第二戦法用の戦法を戦法継承しておけば十分な効果が出ます。

微課金でも上記武将を手に入れたらロックして保持しておきましょう。星3と4ではかなりの差がありますが、星4と5の差はそれほどでもありません。手に入りやすさやランクアップのことを考えれば星4で十分です。

星3戦法に産出UP系の戦法が揃っているので忘れずに戦法継承しましょう。

税務官

税務官は専用の戦法がないので単純に政治ステが高い武将を配置しましょう。荀彧や鍾繇、呂範、麋竺などが適任でしょう。

貿易官

貿易官は大喬がベスト。それほど使う機能じゃないのでそれほど重視しなくていいです。費禕で十分。

度々資源があふれて交換しないといけないとか、特定資源が足りないのは資源バランスが悪いせいなので、そちらを見直すほうが効率的です

調馬官

調馬官は魅力重視なので小喬がベスト、次点に馬鉄(馬鉄が内政なの?)。ただ小喬の戦法継承は優秀なので、内政官よりも戦法優先でいいと思います。

調馬で得られる馬は結構それほど数多く生産するのは簡単ではないため、良馬産出率を増やす馬鉄は結構いいです。馬鉄は登場自体が速くないので、ランクアップの関係で難しい場合は張魯で代替してもOK

 

鍛造官

鍛造は曹植1択ですが、曹植不在の場合はステだけで選びましょう。装備や馬、探訪などは良い結果を出す確率をあげるのはとても重要なので、安易な覚醒素材や戦法継承は避けたほうがいいです。

探訪使

司馬徽がお勧め。魅力値が高い小喬も良い。ここも良い武将がいないと銅貨だけが失われて、それほど重要ではない星3武将や低レアリティな素材だけを引く羽目になります。配布の甄氏は微課金組にはありがたいステを持っているので活用場所を選別しましょう。

練兵

甄氏が専門ですが、練兵するときだけ任命するのもあり。諸葛謹で代替してもいいので、甄氏は他部署へ配置するのも選択肢に。

必要な内政戦法

  • 随機応変(政治が大幅に増加)
  • 簡政(政治増加)
  • 有智高才(魅力が大幅に増加)
  • 天運(魅力増加)
  • 博聞(貿易交換率増加)
  • 巧匠(鍛造官委任時、材料の消費量を減らす)
  • 鋳匠(鉄鉱産出量を増やす)
  • 伐採(木材産出量を増やす)
  • 採掘(石材産出量を増やす)
  • 養馬有道(調馬の材料消費量を減らす)
  • 急調馬(調馬時間を減らす)
  • 有備無患(練兵で獲得できる経験値を増やす)