はてなの三國志真戦ブログ

三國志真戦のスタートダッシュ・シーズン攻略・部隊編成・最新情報をお届けします

【三國志真戦:第二回公式生放送】生放送を見た感想と部隊編成討論会

最強同盟争覇戦授賞式 第二回公式生放送

www.youtube.com

9/26 19時より第二回公式生放送がありました。それを見た感想をざっと書いていきたいと思います。

今回のテーマは「最強同盟争覇戦」の授賞式ということもあって、そちらがメインになっていました。本来は実際に会場を用意して行うはずなのでしょうが、コロナ禍ということもあってオンラインで簡易的に、かつ簡単なお話を聞く程度しかできなかったのは公式としても残念だったとは思います。

どうしてもオンラインだと距離感とか空気感も含めて盛り上がりにくい部分があるので、冗長さを感じたし、一人一人の扱いが短いので人数を絞って、もう少し掘り下げたお話が聞けたらよかったのにな、とは思いました。

個人的には、余夕さんのVTRが一番見やすかったから、そちらでまとめたほうがよかったかも?とも思いました。

部隊編成討論会

部隊編成討論会用の編成はすべてではないですが、3つほど投稿させてもらっています。以下は投稿時の編成理由です(少し手を加えてます)

 

シーン1

f:id:xxxcodomoxxx:20210927215825p:plain

条件:コスト13、A品質戦法、Lv20
武将:孫策龐徳夏侯惇・紀霊・関平朱儁・蒋欽・張曼成皇甫嵩張任
敵兵種:盾兵 自軍兵種:騎兵

夏侯惇(天下大吉+後発制人)

条件のコスト13が非常に厳しい制限になっているので、ソロ夏侯惇がベストな選択になるだろう。

夏侯惇は騎馬で盾兵に対するカウンターになっているし、ソロ夏侯惇なら十分土地5攻略が可能だからだ。

A品質戦法に限定されているため、天下大吉+後発制人とした。天下大吉は挑飛による封印や、追傷による回復無効を洞察によって無効化することができる上に、離反効果で自身が回復することができる。

自癒も選択肢に入れたが、追傷を食らうと自癒の回復が落ちるため、天下大吉が発動しなかった場合を考えて、後発制人にした。天下大吉が発動すれば後発制人でもダメージ+離反回復状態に入るので、こちらのほうが確度が高いと考えた。

ただ、損失や獲得経験値を度外視すれば、龐徳を加えた2武将編成もコスト13なら可能なので、そちらを選ぶほうが土地5攻略のみを考えたらより確実な選択にはなるだろう。

あくまで継続で土地を取る、という条件は含まれていないので、確実に条件をクリアするという意味では2武将編成のほうが確実だろう。

シーン2

シーン2は関与していないので、特にありません。

シーン3

f:id:xxxcodomoxxx:20210927220500p:plain

条件:コスト17、戦法品質制限なし、Lv35武将
武将:于吉・程昱・龐徳・程普・楽進夏侯淵・紀霊・曹彰関平丁奉潘璋・李傕・張繍
敵兵種:盾兵 自軍兵種:騎兵

程昱(燎原之火+白眉)
夏侯淵(強攻+折衝禦侮)
于吉(刮目相待+杯中蛇影)

敵部隊は藤甲兵が含まれているため、兵種は騎馬・燃焼付与・回復無効付与・計略ダメ中心にするのが重要と考えて、程昱を主軸にした騎馬編成を選択した。

于吉の選択理由は水溺状態を5ターン維持できるため、程昱の固有戦法を最大化させることを狙っている。
于吉は統率ステが非常に低く、武力も低いため刮目相待による火力+回避+知力UPを。杯中蛇影で回復+計略ダメージ。

夏侯淵は折衝禦侮による敵ステ下げ+程昱保護を行う。

程昱は燃焼付与のために燎原之火に加えて、固有+燎原之火の発動数を増やすため白眉を選択した。

 

シーン4ー1

f:id:xxxcodomoxxx:20210927221219p:plain

条件:すべてのLv50武将・すべてのS品質戦法・コスト20
敵兵種:騎兵 自軍兵種:槍兵

諸葛亮(昏迷乱擾+刮目相待)
趙雲(破陣砕堅+黄天太平)
劉備(八門金鎖+浄化)

敵兵種は騎兵のため、S1最強編成である天下槍で十分対応できるが、ワンマッチ限定編成を組むことになるので、テンプレ編成ではなく、敵編成に対して徹底して負けない編成にして遊んでみた。
敵編成はアクティブ戦法が座守孤城・十面埋伏・四面楚歌・臨戦先駆・天下大吉の5つ保有していることから、諸葛亮の固有戦法が強力なカウンターになる。

その上で、刮目相待による知力UP+昏迷乱擾による諸葛亮と敵武将との知力差を拡大し、諸葛亮の固有ダメージを最大化させた。加えて、趙雲に黄天太平を持たせることで砕心効果を敵武将に付与することを狙っている。
楽進は天下大吉を持っているため、先出しされてしまうと砕心の効果が発揮しないが、
敵程昱を止めてしまえば、それほど脅威のある編成とはいえないため、相手を無力化するために、更に劉備に浄化を持たせることで、十面埋伏や四面楚歌などのダメージから味方武将を守り、回復無効効果を解除することで劉備の回復を有効化することにした。正直ここまでする必要は全くないが、ワンマッチ限定編成を組んでみるのも面白いだろう。

シーン4-2

f:id:xxxcodomoxxx:20210927221849p:plain

シーン4は知世姫さんも投稿されてたみたいですが、諸葛亮趙雲は僕の部隊の使いまわしで運用されてたみたいで、知世姫さんが考えた編成を使われていませんでした。

f:id:xxxcodomoxxx:20210927222016p:plain

上記では、

諸葛亮(昏迷乱擾+刮目相待

趙雲(破陣砕堅+黄天太平

張飛(意気衝天+千軍一掃)

と、赤字のところが異なっています。せっかくユーザーの投稿編成による討論会なのに、前提となる戦法の付け替え忘れというのはひどいミスだと思います。

ちなみに、三勢王者争奪戦でも同様なことをしています。

f:id:xxxcodomoxxx:20210927222315p:plain

陸遜太平道法+刮目相待にしていますが、動画では火熾原燎が使われています。これは別の方が作られた三勢陣編成の陸遜で火熾原燎が使われていることを確認しているので、それの使いまわしだと推定されます。

こういったミスが続くと、長い時間かけて考えた編成案を簡単に壊された気持ちになるので、ある程度ゲームに理解があり、編成内容に間違いがないか?の確認を行うくらいはしてほしいですし、そんなに難しくない確認内容だとおもうだけにがっかりしました。

 

シーン5

シーン5は関与していないので、特にありません。

シーズン3の新情報

生放送前に公開されていた情報以上のものは特にありませんでしたが、軍屯は覇業「英雄集結」後に作成可能になるというのがわかりました。

新武将・新戦法・事件戦法・軍屯・勲功などの新要素については別の記事で触れたいと思います。

個人的には、というか多くのプレイヤーがそうだったのではないかとおもいますが、これらの情報をもっとしっかり触れてほしかった人は多かったように思います。

三勢王者争奪戦は生放送のためかとおもいましたが、別枠で行うことにしたみたいですし、ちょっと盛り上がりのかけるコンテンツになっているように思いました。

こちらからは以上です。