はてなの大三国志ブログ

いつ終わってもおかしくない大三国志に関するブログ

2019年にやったゲームの感想

今回は大三国志とは関係がないため、興味がない方はページを閉じてください。

主に大三国志で遊んではいますが、一応他のゲームもやってます。また2019年に発売したゲームと言う意味ではなく、古いゲームもやっているのであしからず。

Dead cell

2Dアクションゲー。同じステージを何度も周回する死にゲー。Steamのストアを眺めてたときに高評価で、実際動画を見ていて、そのアクション性の高さに興味を持って購入。様々な装備があって、それぞれ個性があり、ランダム出現するので、同じステージの周回であっても楽しめた。ステージの特徴を熟知していけばタイムも短縮できて更にテンポがよくなり、あっという間に時間が立つ恐ろしいゲーム

僕はノーマルモードのクリアをして、その後一旦時間をおいたらそのままやらなくなったが、かなりよくできたゲームなのでおすすめしたい。やりこめばやりこむほど味が出るスルメゲーかな。たぶん。

It lurks below

あのDiabloを作った人がBlizzardを独立して作ったゲームという話を聞いて買ってみた。わかりやすく言うとテラリアライクなゲームだけど、テラリアよりも殺伐としているあたりがDiablo生みの親感があります。プレイヤーには複数職業があり、それにあわせたスキルと、ダンジョンで手に入れるスキルを組み合わせたビルドを考えるのが楽しい。まだアーリーアクセスレベルの出来なので、アップデートを重ねればもっと面白くなるかもしれないが、まだまだ高評価するほどの出来とはいえない。おもしろいけどね。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

任天堂Switchを購入したときに買った。実はゼルダSFCトライフォース以来のプレイ。任天堂ハードを買うのも久しぶりなので、正直ちゃんと遊ぶかどうか自分でも不安だったが、Switchの携帯性が便利すぎて、しっかりベッドでゴロゴロしながらプレイしてクリアするに至った。洋ゲーオープンワールドRPGと比べると、かなりライトな造りにはなっているけど、よく出来てて海外からも評価が高いのも頷ける。

マリオメーカー

嫁がマリオをやりたいということなので、嫁用に購入。よく出来ているし、面白いとは思うけど、僕はそこまではまらなかった。マリオ全般そんな感じ。

ゼルダの伝説 神々のトライフォース

任天堂オンラインでFCやSFCが遊べるってのがSwitch購入のきっかけでもあったので、遊び直してみたが、結構覚えてなくて、新鮮に遊べた。昔はかなり遊び倒した気がしたが、今やってみると思ったよりボリューム感がなかったように感じた。

FCやSFCは他にも色々やったけど、割愛。ボリューム少なすぎてあっという間にクリアしちゃう。

ルイージマンション3

この手のゲームを一切やらないし、マリオ系はイマイチ楽しめない気がするけど、よいこがやってるYoutubeゲームチャンネルをたまたま目にして興味を持ってついつい買ってしまった。けど、これは面白い。よく出来てるし、うちの娘も見ながら楽しんでる。作り込みがよくされていて感心した。まだクリアしてなくて、一日に少しやる程度なので、じっくり遊んでる。主に嫁と二人用でのみ遊んでるから進みが遅い。

FFBE幻影戦争

スマホゲー。うーん。課金ゲーだなー。ということでオートプレイでのみ遊んでるけど、ストーリーが中々開放されないので飽きてきたw来月くらいにはやめてそう。タクティクスオウガ以来この手のゲームがすごく好きなのだけどね。まあこのゲームも良く出来ているし、しっかり課金してやりこめば楽しいとは思うけど、そんな予算などない僕には厳しいかな。大三国志との二足のわらじは無理だ。

俺的ゲーム・オブ・ザ・イヤー

っていうにはやってなさすぎ、やりこんでなさすぎなのだけども、Dead cellが一番かな。個人的には2019年これ絶対やるしかねぇ!っていうのがない年だった。この1年くらいずっと買うか悩んでるのは、RimworldとかInto the Breach、Dominions5、Deity empiresあたりだけど、やり込む時間を持てそうにないのよね。上記の大半は大三国志お休みしてた間にやってたゲームばかりなので、やってる最中は手が付かない。でも大三国志よりも熱中できそうなゲームが来年こそは出てきてほしいなあ。