はてなの大三国志ブログ

大三国志のスタートダッシュ・シーズン攻略・部隊編成・最新情報をお届けします

【英雄縦横】英雄縦横シーズンを振り返る。

英雄縦横の特徴

英雄縦横の特徴は、

  • シーズン武将特性
  • 予備兵営復活
  • 武略
  • 諸侯勢力

でしたが、正直刺激に欠けるシーズン内容でした。仕様だけでいえば決勝中原のほうが面白かった。武将特性は対象武将をほとんど持っていなかったので1武将も採用しませんでしたし、敵部隊でも同様に採用されているケースが多くなかったです。

シーズン武将特性と予備兵営復活

この問題はシーズン戦法や特性が6軍以降で採用する程度の性能しかないからってのが大きいですが、それ以上に予備兵営が英雄縦横より復活したことも要因としては大きく、英雄縦横シーズンは随分とテンプレ化が進んだシーズンでした。

予備兵営は即時徴兵を可能にするシステムなので、1軍~2軍の上位編成にその予備兵を当てて、強い部隊を高回転させることで武勲を効率的に稼いでいく仕組みです。なので、強いテンプレを高回転させていくテンプレシーズンの再来で、個人的には英雄縦横シーズンで一番嫌いな仕様でした。

せっかくシーズン武将特性が英雄縦横の最も大きな特徴なのに、予備兵営でかき消していくのだからもったいないとしか言いようがない。シーズン武将特性を強いものにするか、予備兵営をなしにするか?をしないとせっかくのシーズン特性が台無しじゃないか?と僕は思いました。

武略システムと諸侯勢力

武略システムは正直なにが面白いのか?という内容でした。+7程度なら使う星5すべてに適用することが可能ですし、NPC軍営破壊すれば大量の五銖銭を確保できました。ただのお邪魔虫程度の諸侯勢力に何の魅力があるのか?倒したリターンは資源と五銖銭、その使い道も微妙だなーと。戦場に諸侯勢力がいて、それらを活用した足場・オセロによる進軍など、そういう面で特殊な戦場が一部ありましたが、正直イマイチな気がしました。

出生州選び

ただ、英雄縦横は出身州選びについては中々面白かったと思います。今季は幽州・並州の2州スタートをしましたが、この選択は非常に良かった。僕自身は幽州選択ですが、選択した理由は冀州/幽州間の関所がLv3であったことが大きかった。南皮方面への開拓が他州でも難しくないので、幽州/並州で固めて冀州は仲間なら青洲方面の固めに南皮を開拓・防衛に、冀州が敵想定なら早々に南皮方面を固めに行くことも可能。冀州の問題点は幽州/並州/青洲のいずれか1~2は友好じゃないと持たない上に、冀州NPCが多すぎて防衛網を作る前に侵入されるリスクが高いこと。

同様にNPCが多い荊州益州/揚州の2州(関所は多いが)なので、冀州よりは守りやすい環境にある。しかも冀州は出生エリアが南北に長い。そのため選択州の中では冀州は他州勢力の資源州扱いになると予想し、対抗勢力は戦備区時点で青洲だったので幽州選択にしました。

幽州という選択

また幽州は冀州/並州からすると強い同盟が幽州に入るとその圧力から友好同盟以外は敬遠する、という読みがありました。資源州の反対側(幽州)を主戦場にするのは嫌なのは当然。並州の雁門郡も諸侯勢力があったので、幽州は並州/冀州どちらに進出しても目の前に資源があります。ただし幽州自体にはないので、早期進出は必要でしたが、その分フットワークが軽くなります(諸侯勢力は他州進出の重荷になる)。

結果として、冀州は友好同盟が入り、並州は主要同盟が入らなかったので、幽州/並州の2州スタートを行い、兗州/雍州の資源州入り口を確保し、2州の城攻めを早期に可能にし、200名枠を早期に確保できる同盟を目指しました。

2州スタートはそれだけ守る範囲も広くなるので、仮想敵は青洲/徐州連合ということもあり、雍州進出は最初から行わずに涼州/益州勢を刺激しないことに努めました。ただ、序盤から頭一つぬけたトップ同盟になったので、最終的に包囲網は組まれましたが、時間は結構稼げたと思います。

外交と戦争

外交はシンプルに、友好同盟は1つにしたかったですが、シーズン開始後即、仮想敵連合から友好打診が来たので、即お断りした上で、相手からも仮想敵であるうちに対して友好打診してくるぐらいだから、360度外交する気だと考え、中堅同盟の取り込みが今季シーズンの行く末を決めると判断し、中華2分での戦争想定で動きました。

中堅同盟との話の中で決勝中原からの反発から、二国志ではなく三国志がしたいという考えを伝えられたので、それをこちらからも後押しする形で、三国志にしましょうと伝えました。わかりやすく説明すれば、魏が我々の連合、呉が仮想敵連合、蜀が中堅同盟連合となります。

魏が1強状態になったので、実際は呉・蜀の連合による包囲網を組まれることになりましたが、蜀との連絡は続けて、うちが一気に押されて資源州から追い出されたら、そこで停戦する腹積もりで戦い抜くことにしました。

当初の想定は、人数差がひどいので主戦場の一つである兗州から追い出されると想定していましたが、陥落ワープで飛んでくる足場が近かったので徹底して蜀同盟の足場・拠点をつぶして時間を稼いで各個撃破を進めていくと、敵戦力がすべてそろって魏連合と戦う場面がなく、人数差を比較的小さなものにできており、善戦することができました。

涼州は吸収し、益州/雍州方面からの圧力が次第に強まり、関所攻撃を受けた時点で非常に苦しい状況になりましたが、二度の関所カウンターを決めて、時間を決めての一斉攻撃で何度も関所前の要塞を破壊しながら、一斉以外の時間は違う戦場に部隊を集めて、全体の戦線維持に努めることでかなりの時間を稼ぐことができました。

その間呉方面から離脱者が出たり、流浪軍が発生、魏への加入者が出たことで青洲方面での戦況に大きな影響を与えて大幅な前進を実現できましたが、その後猛烈な反撃を受け、冀州内部まで押し返される事態になりました。

そこで冀州同盟と相談し、戦場整理を行い、冀州方面は冀州同盟さんに防衛を一任し、我々は兗州/並州対応に整理することでより戦いやすい形に修正させてもらいました。最初はかなり押されましたが、戦場整理と準備が整った時点で兗州方面は押し返すことができるようになりました。

この辺の外交・戦略的な駆け引きは色々あり、ストレスも多かったですが、兗州から敵連合を追い出した時点で蜀連合の一部と停戦を締結し、呉連合とも停戦することで戦争は終結することになりましたが、荊州同盟の一部は蜂起し、宣戦布告してきたので再度戦争に突入しました。結果は荊州/豫洲府を獲得することになり、多くは流浪軍化することになりました。個人的にはすでに消耗してたので、全停戦で今季を終えたかったですが、停戦した同盟で影響を受けそうなところに話を通しながらの戦争再開となりました。

戦争を再開しながらも、すでに先行サーバーは決算日を迎えている状況で、まだやるべき宿題が沢山ありました。その中でも一番厄介なのが、シーズン報酬についてでした。

シーズン報酬の選定

英雄縦横シーズンは帰属の有無や、帰属先によって報酬が変わります。征服報酬の場合は州府>郡城>任意の城への帰属によって報酬内容が異なります。そのため帰属先の選定や調整、すでに建てている予備兵営などの調整もあり、非常にめんどくさい作業を行う羽目になります。

正直帰属先で報酬が異なる仕様よりも、5州府以上の征服報酬の場合は、一律の報酬を同盟員に付与してくれればいいのに、なぜこんな同盟運営者に負担がかかる報酬制度にしているのか?がわからない。誰も得しないのだから、一律報酬にしないと、運営側が報酬を出し渋りをしているようにしか見えず、その負担をユーザー側に押し付けているようにしか感じない。戦争の最後は参加よりもこの宿題を片付けることでいっぱいいっぱいでまともに遊ぶことすらかなわない。そうでなくても同盟運営は負担が大きいので、報酬くらいシンプルなものにすべきだと思う。

依怙贔屓をしたとか、望んでいた報酬が手に入らなかったとか、無課金だから召募無料回数がどうしても欲しかったとか、、、そういうのを聞かされたり、思われてるのかな?とか考えると最高にめんどくさい仕様なので、即刻修正してほしい。

後、郡城にすでに帰属しているのに、郡城に帰属したいとか言ってくるのは確認する時間の無駄だから、自分が帰属している城がなんなのか?くらいは確認してほしい。

手紙のやり取りは出す側は一人かもしれないが、受け取る側は数十人規模で同じやり取りをすることになるので、大変です。そういうプレイヤーを責める気はないので、報酬仕様を変えれば、不幸せになる人は減るはずです。

正直無料1回の征服報酬で統一でいいから、めんどくさいことはやめさせてくれ。大事なことなので何度でもいうぞ。みんなで頑張ってつかんだんだから平等でいいじゃん!

軍勢記録

f:id:xxxcodomoxxx:20200715235910p:plain

決算まで戦争中だったこともあり、殲滅・オセロ共に良い成績を残せた

f:id:xxxcodomoxxx:20200715235915p:plain

シーズン武勲は564万。週間は112.5万。上には上がいるだろうけど、上位1%内には入ってるかな?攻城はそこそこ頑張った。決勝中原のときほど暇がなかったので潼関クラスの関所を何度も攻城して稼ぐ余裕はなかった

f:id:xxxcodomoxxx:20200715235924p:plain

殲滅・攻城ともにそれなりの成績を出せたと思う。勢力値は2季連続で10万越え。

f:id:xxxcodomoxxx:20200715235945p:plain

栄誉は2000越え。群雄討董シーズンが最高だったと思うが、いくらだったかは忘れた。栄誉は交換できるものがないので、新しい商品を追加してほしいなあ...

英雄縦横シーズン評価

正直期待外れなシーズンでした。もっとシーズン武将特性を活用できるかと思いましたが、それらの特性は活用されず、よりテンプレ化が進んだシーズンで刺激不足でした。

その最たる原因が予備兵営。より多様な編成を楽しめるシーズンにするなら予備兵営の廃止が必要不可欠。予備兵営がなくなれば、部隊編成数は+2以上は組む必要が出てくるので、上位テンプレ編成の依存率は減り、戦場で様々な部隊を見ることができるのでは?それに伴いシーズン武将特性を活用した部隊を戦場でより多く見る機会が得られたのではないかと思うので、そこがもっとも期待外れなシーズンだったなーと。

八陣図でも予備兵営があるので、ある以上はしっかり活用していきますが、シーズン戦法を活用したテンプレ編成が活用されるだけで、同盟によるトレンドは多少あれども、テンプレ化された編成とばかり戦うシーズンというのは継続しそう。予備兵営廃止はよ。