はてなの三國志真戦ブログ

三國志真戦のスタートダッシュ・シーズン攻略・部隊編成・最新情報をお届けします

MENU

【三國志真戦CBT】三國志真戦CBTスタダも成功した人の記録

三國志真戦公式サイト

sangokushi.qookkagames.jp

三國志真戦のCBTに参加してます。大三国志の経験者としての経験が生きて、スタダから1位を含む上位勢力値をキープできています。現在の勢力ランクは、

f:id:xxxcodomoxxx:20210415111233p:plain

こんな感じ。CBTは課金ができない仕様ですが、運営によって金銖(玉符のこと)が日々大量にばらまかれています。なので各プレイヤーはガチャ運はあれども、かなり武将や戦法は充実しているので、ほぼ条件は一緒な環境でプレイしています。

中国や台湾の先行プレイヤーがいる中(上位の半分は海外プレイヤー)でかなり頑張れています。

 

スタダ開始~土地4攻略まで

最初は上記編成で組み、

少しテクニカルなプレイで土地4攻略。その後は土地4攻略中心に動いて、

その後は兵損も少なく勧めた。当初は3武将編成で組むのが一般ルートだと思ったが、2武将や1武将編成でスタダ攻略するのも割と一般的なルートらしい。 

部隊編成の基本構成は主軸となる火力担当+補助担当という2武将編成と、反撃+回復の1武将編成といった組み方があるポイ。前者は劉備+火力武将が一般的で、後者は趙雲夏侯惇といった武将で「後発制人+自癒」とかで攻略するぽい。土地5くらいまでなら余裕でいけるし、高級戦法を活用するなら土地7くらいまでは行けるって中華の人が言ってました(僕は未確認)。

三國志真戦は初心者期間中は重傷になった場合でも資源バックがあるし、編成の組み換えも自由にできる点が非常に優しくて、どんどん挑戦していける環境を整えてくれているので、スタダ期間は積極的に開墾していくといい。

土地5攻略~編成について

土地5のタイミングがわからなくて、寝る前に体力を使い切って挑戦してみたら思った以上に余裕で突破出来て、逆にガッカリしました。2武将編成に対する自信の無さが思いっきりでましたが、2武将編成に対する部隊強度に対して自信もできました。

その後土地6も2武将で行けることはわかったので、劉備張飛などの強力な武将+戦法が付けられるならしばらく2武将でもいけます。 

序盤の賊は鍛造(装備品の作成)用の素材をドロップしますが、ほぼ鉄鉱石だったので政令を消費してまで狩るものではないです。覇業が進んで賊レベルが上がってきたら、もう少しレア度が高いドロップ品が落ちるかもなので、それからかなあという感じ。

 

土地6・7攻略~部隊編成修正

城8押しして部隊コスト引き上げができるようになったけど、そこまでが結構時間がかかるので、 コスト3の蔡琰やコスト4の法正あたりを覚醒させて運用が理想。星4武将なら李典や張宝あたりが良さそう。僕は星3全琮に自癒だけつけて、戦法経験値をケチったので少しこのあたりで停滞しちゃったけど、ちゃんと覚醒させてたら土地8まではすんなりいけたかもしれない。

また李典の場合は兵力1で指揮戦法だけを付けて、長者之風で自軍のステ上昇+追加指揮戦法で味方を強化して土地攻略するってのもありっぽい。劉備張飛李典とかの組み合わせなら十分これでいけそう。

ここまでは火力なし全琮でも土地7までは事故なくクリア。銅鉱土地7は少し難易度高かったかな。部隊強度が高くないから兵種相性次第では兵損が大きい場合もたまにある感じ。

部隊コスト引き上げ~部隊再編~土地8攻略

部隊コスト上げ後は劉備張飛黄忠の3武将編成で蜀盾編成を作りました。土地8も楽勝です。周りに土地9以上は見当たらないのでひとまず資源州入りまではまったりレベリング+攻城を繰り返すことになりそう。

ひとまずこちらからは以上です。