はてなの三國志真戦ブログ

三國志真戦のスタートダッシュ・シーズン攻略・部隊編成・最新情報をお届けします

MENU

【三國志真戦:シーズン2】スタートダッシュガイド

スタートダッシュガイド

このガイドはシーズン2向けに作成したガイドになります。シーズン1や3以降でも役に立つTipsがあると思うので参考程度にご覧ください。

シーズン進行に合わせてUPDATEをしていく予定です。

スタートダッシュの目的

  • 任務達成による名声獲得・土地枠拡大・支城建設・上級建築で内政差をつける
  • 部隊コストを引き上げて、最終編成への早期移行、レベリング差をつける
  • 主城・支城施設を拡充し、主力2部隊目、兵器部隊の育成を急ぐ
  • NPC城攻略の早期達成、同盟員枠の拡充、資源州・他州進出速度を速める

以上のことを実現し、他同盟との差を活かし、戦略的な優位を作り出すことがスタダの目的となる。

新シーズン開始までに準備しておくこと

  • Maxランクアップした星3・4武将を武将枠一杯まで保有する
  • 上記武将を次シーズン開始時の戦法経験値に(金珠変換推奨)
  • 玉符を溜めておき、覇業・割拠・歴戦報酬ガチャに予算を投じる
  • スタダ編成を事前に決めておく
  • 復元が必要ならしておく(事件戦法の対象武将や覚醒、戦法継承などに)
  • 装備品は上級・特級装備を中心に、素材在庫を使い切って鍛造しておく
  • 実績報酬を得るための実績評価を上げておく

スタートダッシュ向きの武将

Tier1
Tier2
Tier3

 

スタートダッシュ向きの戦法

Tier1
  • 意気衝天(序盤の被ダメージは主に通常攻撃なので、それに対応)
  • 千軍一掃(準備ターンなし・敵全体・発動率まずまず、恐慌付与)
  • 無當飛軍(序盤から安定したダメージを出せる兵種戦法)
  • 八門金鎖(3武将編成時のお供に。兵力1でも活用可能)
  • 破陣砕堅(準備ターンありだが、ステ減少効果が強烈・高ダメージ)
  • 杯中蛇影(準備ターンありだが、ダメ+回復は強力)
  • 太平道法(計略武将はスタダに不向きだが、覚醒後のお供に)
  • 折衝禦侮(太史慈をスタダで利用するなら、非常に強力。)
Tier2
  • 伝檄宣威(2ターン封印効果付与+中ダメージ)
  • 兵無常勢(太史慈をスタダで利用するなら、強力)
  • 暫避其鋒(3武将編成時のお供に。八門金鎖のほうが使い勝手は良い)
  • 座守孤城(お手軽回復戦法。安定して強い)
  • 天下大吉(洞察が必要な武将を活用する際に。楽進夏侯惇孫尚香など。)
  • 万矢斉射(甘寧黄忠をスタダで使うなら。)
  • 刮骨療毒(3武将編成時の回復戦法を追加するなら)
  • 強攻(夏侯淵馬超孫尚香などの武将を活用するなら)
  • 落鳳(千軍一掃を持っていない場合の代替案。単体火力は大きく、砕心付与も)
  • 瞋目大喝(張飛馬超などの武将をスタダで活用するなら。)
  • 火熾原燎(袁紹スタダをする際に)
  • 唇槍舌戦(夏侯惇スタダをする際に)
Tier3
  • 合軍集衆(ソロ夏侯惇スタダなどのお供に)
  • 御敵屏障(万能被ダメ減戦法。ただし、効果はそれほど高くはない)
  • 刮目相待(回避+知力UP+敵全体ダメージ。ダメージ発生が遅いのが難点)
  • 四面楚歌(計略武将を活用するなら。準備ターンあり、ダメージ発生が遅い)
  • 兵鋒(連撃付与を部隊全体に波及させたい場合。張遼呂布、大戟士など)
  • 勇猛果断(楽進関羽でスタダをするなら。覚醒時の活用がお勧め)

戦法ポイント

f:id:xxxcodomoxxx:20210902014819p:plain

上記はS・A戦法で必要な戦法経験値の表になります。

スタートダッシュの前提として、武将の固有戦法はLv10が基本となります。そのため2武将で19000ポイントは最低でも必要ということになります。その上で、第二戦法をLv7前提であれば、+8000ポイント、合計27000ポイント以上を用意する必要があります。

シーズン開始時に27000ポイントを得るのは簡単ではありません。基本的には戦法経験値を「金珠変換」することで、獲得できる戦法経験値を2倍にして、最低目標である19000ポイントを稼ぐ必要があります。

金珠変換について

戦法経験値は星4・3武将によって得られるポイントが変わります。星4武将一人に付き、+40ポイントの戦法経験値が得られます。星3武将は+20ポイントとなります。

戦法経験値にする星4・3武将の割合によって金珠変換の負担が変わってきますが、基本的には戦法訓練や兵法書の開放などで使用する星4武将分以外は戦法経験値にしてしまうのがお勧めです。微課金の方でも金珠変換する予算は確保しましょう。

良将ガチャは10回登用で2700銅貨消耗+戦法経験値への変換で300銅貨かかります。それによって得られる戦法経験値は70程度です。仮に戦法経験値を7000得ようと思うと、銅貨では約30万を必要とします。再序盤でその銅貨を得るのは簡単ではないです。

目安ですが、戦法経験値20000ポイント以上で金珠2000~2500くらい消費します。戦法経験値を金珠変換しない場合はその半分である10000ポイント程度しか戦法ポイントを得られないため、序盤の開拓はかなり遅れてしまいます。

筆者の意見ですが、金珠負担は大きいですが、スタートダッシュ成功というゲーム体験はゲームをする上で非常に良い経験になると思います。それだけ本気に取り組むからこそ、ゲームは楽しめるし、三國志真戦の奥深さを知ることができるはずです。

このブログでは、ガチャ15連分(金珠2844)の金珠は戦法経験値に使うことを推奨します。

オススメのスタダ編成

スタダ編成の基本は、最終形を見越した編成であることです。

例えば、劉備張飛はスタダで最強編成ですが、最終形は関羽を加えて桃園編成にできます。48時間の初心者期間中は戦法の付け替えによる戦法経験値のロスがないので、初心者期間が終了する前に、編成の最終形に寄せた戦法に切り替えておくと、付け替えによる戦法経験値のロスを抑えることができます。

単純に強い編成であるだけでなく、最終編成に合わせた計画でいれば、ロスが少なく、序盤から中盤にかけて、良い育成の流れを作ることができます。

また、コスト15・16に到達した時点で、李典や法正、陳宮などのコスト3・4武将を利用する選択になりやすいですが、シーズン通して活用できる武将を使うことを推奨します。特に李典は兵器S持ちなので、その後は兵器部隊として再利用もできます。

劉備張飛編成(最終形:劉備張飛関羽

覚醒前

劉備(意気衝天)張飛(千軍一掃)

覚醒後

劉備(意気衝天+陥陣営)張飛(破陣砕堅+千軍一掃)

3武将編成

劉備(意気衝天+陥陣営)張飛(破陣砕堅+千軍一掃)李典(八門金鎖+杯中蛇影)

最終形

劉備(意気衝天+陥陣営)張飛(破陣砕堅+落鳳)関羽(勇猛果断+千軍一掃)

劉備趙雲編成(最終形:諸葛亮劉備趙雲

覚醒前

劉備(杯中蛇影/意気衝天)趙雲(千軍一掃)

覚醒後

劉備(意気衝天+杯中蛇影)趙雲(破陣砕堅+千軍一掃)

3武将編成

劉備(杯中蛇影+八門金鎖)趙雲(破陣砕堅+万夫不当)李典(意気衝天+千軍一掃)

最終形

諸葛亮(昏迷乱擾+杯中蛇影)趙雲(破陣砕堅+万夫不当)劉備(八門金鎖+白耳兵)

趙雲張飛編成(最終形:諸葛亮趙雲張飛

覚醒前

趙雲(千軍一掃)張飛(意気衝天)

覚醒後

趙雲(破陣砕堅+万夫不当)張飛(意気衝天+千軍一掃)

3武将編成

趙雲(破陣砕堅+万夫不当)張飛(意気衝天+千軍一掃)李典/法正(八門金鎖+杯中蛇影)

最終形

諸葛亮(昏迷乱擾+杯中蛇影)趙雲(破陣砕堅+万夫不当)張飛(意気衝天+千軍一掃)

曹操徐晃編成(最終形:徐晃曹操典葦)※徐晃⇒許褚OK

覚醒前

曹操(杯中蛇影/意気衝天)徐晃(千軍一掃)

覚醒後

曹操(意気衝天+杯中蛇影)徐晃(破陣砕堅+千軍一掃)

3武将編成(燃焼避けられるなら藤甲兵利用OK)

曹操(藤甲兵+刮骨療毒)徐晃(勇壮飛燕+千軍一掃)李典(杯中蛇影+八門金鎖)

最終形

徐晃(騎虎之勢+勇壮飛燕)曹操(刮骨療毒+藤甲兵)典葦(鋒矢陣+気凌三軍)

甘寧太史慈編成(最終形:甘寧太史慈程普または孫権太史慈甘寧

覚醒前

甘寧(万矢斉射/勇壮飛燕)太史慈(兵無常勢)

覚醒後

甘寧(万矢斉射/勇壮飛燕+避実撃虚)太史慈(折衝禦侮+兵無常勢)

3武将編成

甘寧(万矢斉射+避実撃虚)太史慈(折衝禦侮+兵無常勢)李典(杯中蛇影+八門金鎖)

最終形

孫権一騎当千+臥薪嘗胆)太史慈(折衝禦侮+射石飲羽)甘寧(万矢斉射+避実撃虚)

孫尚香太史慈編成(最終形:孫権孫尚香太史慈

覚醒前

孫尚香(強攻)太史慈(兵無常勢)

覚醒後

孫尚香(強攻+天下大吉)太史慈(折衝禦侮+兵無常勢)

3武将編成

孫尚香(強攻+天下大吉)太史慈(折衝禦侮+兵無常勢)李典(杯中蛇影+八門金鎖)

最終形

孫権一騎当千+臥薪嘗胆)孫尚香(結盟+強攻)太史慈(折衝禦侮+兵無常勢)

周瑜陸遜編成(最終形:周瑜陸遜呂蒙

覚醒前

周瑜(昏迷乱擾)陸遜(無當飛軍)

覚醒後

周瑜(昏迷乱擾+刮骨療毒)陸遜太平道法+無當飛軍)

3武将編成

周瑜(昏迷乱擾+刮骨療毒)陸遜太平道法+風助火勢)李典(八門金鎖+白馬義従

最終形

周瑜(昏迷乱擾+刮骨療毒)陸遜太平道法+風助火勢)呂蒙白馬義従+火熾原燎)

袁紹朱儁編成(最終形:袁紹朱儁陳宮

覚醒前

袁紹(火熾原燎)朱儁(無當飛軍)

覚醒後

袁紹(文武両道+火熾原燎)朱儁(無當飛軍+伝檄宣威)

3武将編成

袁紹(文武両道+火熾原燎)朱儁(無當飛軍+八門金鎖)陳宮(克敵制勝+機略縦横)

最終形

袁紹(文武両道+火熾原燎)朱儁(無當飛軍+八門金鎖)陳宮(克敵制勝+兵無常勢)

土地攻略

S1と比べてS2は土地難易度が上がっています。基本的な流れはS1と変わりませんが、偵察は丁寧に行ってください。

  1. 武将Lv5になり次第、第二戦法をつける
  2. 土地Lv3を開拓していき、Lv10を目指す
  3. 武将Lv10で追加属性を振って、Lv4土地を開拓開始
  4. 武将Lv20で第三戦法を追加、追加属性を振り、Lv5土地を開拓(劉備張飛などの強編成の場合は覚醒前でも可)
  5. 君主殿7押し、軍営Lv5以上。3武将編成に切り替えて、Lv6土地を開拓開始
  6. 軍営Lv10以上、相性が良いLv7土地開拓を検討する

土地Lv6以降の銅鉱は0.5Lv分難易度が高いと考えてください。

 

Tips

  1. 覇業・割拠・歴戦報酬ガチャは一番最初に回してください。シーズン2のスタダ編成、最終編成の確定はシーズンガチャを引いて決まります。事前に〇〇を引いたら、という想定を作っておくと良いです。
  2. 新シーズン開始前までに用意しておきたい金珠は、報酬ガチャ20回分の398*20=約8000+戦法経験値の金珠変換分、約3000を合わせた金珠11000は最低限必要になります。月額課金者はコツコツと溜めて、シーズン報酬による金珠がどれだけ入るか?などを事前に計算しておきましょう。
  3. 土地資源は米・石を優先して取っていきましょう。
  4. 屯田は余剰がない資源を取得しましょう。徴兵資源や建築資源などを考慮して計画的に余剰を作っていくと良いですが、倉庫上限には注意してください。
  5. 建築は任務優先で進めてください。資源バックは適切に受け取り、次の任務を達成できるように任務を確認しながら効率的に建築をすすめましょう
  6. 君主殿7押し後は軍営重視で進めましょう。土地8占領記録を狙っている人は、記録後に君主殿Lv8押し狙いでも構いませんが、一般論では支城建設して、倉庫を引き上げたのちに君主殿8+指令壇押しで部隊コストを引き上げて最終編成を急いだほうが無駄なレベリングをしなくて済みます。
  7. 支城建設タイミングは勢力値10000達成任務で名声+1000されたタイミングが理想的。資源州に入るタイミングがかなり早い場合は資源州に入ってから支城建設も判断の一つですが、支城建設で出遅れると内政も遅れるので、初期戦争で活躍するだけの銅貨・資源生産が回らない可能性があります。