はてなの三國志真戦ブログ

三國志真戦のスタートダッシュ・シーズン攻略・部隊編成・最新情報をお届けします

MENU

【三國志真戦:シーズン2】南蛮の乱編成を解説【孟獲兀突骨祝融】

南蛮の乱編成

孟獲(絶地反撃+鋒矢陣)兵法書:攻其不備+将威

兀突骨(千里馳援+合軍集衆)兵法書:守備采配+防備

祝融(傾国傾城+折衝禦侮)兵法書:傷兵支援+親衛

南蛮の乱とは?

f:id:xxxcodomoxxx:20210904012858p:plain

  • 自軍全体の速度を15増加
  • 3ターン目に敵軍主将を混乱状態にする、1ターン持続

南蛮の乱自体の効果はそれほど強力ではないですが、速度上昇は敵武将よりも先に行動する可能性が高まるので決して弱くはありません。

主将への混乱効果は鋒矢陣全盛時代ということを考えれば、運次第では大きな効果をもたらすことになります。

 

編成解説

この編成の主役は孟獲です。

f:id:xxxcodomoxxx:20210904150545p:plain

f:id:xxxcodomoxxx:20210904150530p:plain

  • 毎ターン行動時に28%の確率で敵軍全体に兵刃ダメージ(106%)を与える
  • 未発生の場合は10%発動確率が上昇し、自身が7回通常攻撃を受けた後に1ターン虚弱状態になり、上昇した発動確率がリセットされる
  • 自身が主将の場合は初期発動確率が35%まで上昇する

孟獲の固有はパッシブ型の敵全体兵刃ダメージを与える戦法です。このタイプの戦法は制御系(恐慌・封印・砕心など)の影響が小さく、諸葛亮の固有で妨害されることもありません。

于吉固有や神算鬼謀のように指揮ダメージを与える戦法は計略ダメージですが、孟獲は兵刃ダメージである、という点もポイントとなります。

編成のポイントとしては、

  • 孟獲の被ダメを減らすこと(兀突骨祝融固有・千里・傾国傾城・折衝禦侮)
  • 孟獲への通常攻撃を防ぐこと(千里馳援・傾国傾城)
  • 孟獲の火力を底上げすること(絶地反撃・鋒矢陣・折衝禦侮・祝融固有)

が挙げられます。

対人のポイントとしては、

  • 燃焼付与してくる編成とは戦わない
  • 兵刃編成と戦い、計略編成とはなるべく戦わない

を守れば対人の勝率は確保できるはずです。

孟獲をより火力を載せたい場合は、絶地反撃+虎踞鷹揚/奮突/文武両道といった戦法に付け替えて、兀突骨を千里+鋒矢陣などにすればよいです。

最後に、この編成は上位編成というわけではないですが、他のプレイヤーと少し違う編成が使いたいとか、部隊数を追加する候補の一つにすると良いです。かなりピーキーな編成なので、偵察をして敵編成を確認したり、同盟戦歴から敵部隊を確認する慎重さがなければ、勝率を上げることはできない部隊なので、その点は注意してください。