三国志真戦のYouTubeチャンネルはこちら

関銀屏の解説と編成例

関銀屏の解説と編成例

目次

シーズン5:関銀屏

シーズン5から追加される関銀屏について解説します。

関銀屏

関銀屏の属性値はLv45時点で特筆すべき点はありませんが、速度が高いのは重要なポイントになります。速度に関しては後述します。

また、兵種適性は騎兵と槍兵がSとなっています。

騎兵Sの蜀武将は、劉備 馬超 関羽 関銀屏 馬雲騄 姜維 趙雲 徐庶
槍兵Sの蜀武将は、馬超 諸葛亮 関羽 関銀屏 陳到 魏延 趙雲 張飛 張氏

シーズン初期では桃園盾や天下槍、五虎将軍などが代表例でしたが、関銀屏や魏延が追加されたことで、蜀騎馬や蜀槍編成のバリエーションが広がりました。

今回は武将や戦法の解説、編成例などを通して関銀屏を紹介していきます。

関銀屏の固有戦法:将門虎女

関銀屏の固有戦法:将門虎女

関銀屏の固有戦法は、

  • 発動率60%、準備ターンなし
  • 敵軍二人に兵刃ダメージ(ダメージ率128%)を与える
  • 敵軍二人に虎怒効果(次のターンにおいて効果を発揮)を与える
  • 虎怒効果は、目標がダメージをうけるたび、ダメージ率が30%上昇し、最大3回重ねがけ可能。最大110%与える
  • 虎怒効果は、累計3回分スタックすると、その武将に1ターンの恐慌を付与。虎怒効果は消失する。
  • 虎怒効果は、累計3回分スタックし、効果が消失した場合、関銀屏の与兵刃ダメージを8%(スタック可能)上昇
  • 回避されても虎怒スタックは溜まる

と少し複雑な内容になっています。

関銀屏の固有戦法は発動率が高く、ダメージ率も低くはありません。追加効果分を入れれば優秀な戦法といえます。しかし、虎怒効果を最大化させるには、関銀屏一人では難しく、編成全体で支援する必要があります。この場合、ダメージを大きく与えるのではなく、スタック数を溜めるための、ダメージを与える「回数」が重要になります。

虎怒効果は累計3回スタックさせると、直ちに最大ダメージを与え、恐慌を付与させます。この効果は非常に強力で、このダメージと恐慌付与を狙うのが関銀屏編成の基本コンセプトとなります。

関銀屏は速度が重要

より具体的に見ていきましょう。

虎怒効果は、通常のデバフと異なり、次ターンのデバフを持っている武将の手番が回ってくると効果が消失します。

関銀屏固有戦法:将門虎女の説明図

わかりにくいので図にしました。

左図は一番良い形です。関銀屏が最初に固有を発動し、虎怒効果を敵に付与します。その後、味方1・2が敵を攻撃することで虎怒スタックを溜めることができます。最初のターンで3スタック貯めた場合は敵は行動前にスタックダメージ+恐慌付与され、虎怒効果はその場で消失します。

2ターン目に関銀屏が再度固有戦法を発動すると、恐慌付与された敵は虎怒効果も消失しているため、再度虎怒効果が付与されます。1ターン目に虎怒効果が付与された敵武将と、2ターン目に虎怒効果が付与された敵武将は、2ターン目の味方武将の攻撃で再度スタックを溜めることになります。

右図は、敵に先攻された場合です。敵に先攻されると、関銀屏の固有が発動しても、虎怒効果付与後に攻撃できる味方の攻撃回数は関銀屏を含めても3回です。左図と比べると攻撃回数は半減してしまいました。自軍内で関銀屏が最後の手番だった場合は虎怒スタックを溜めるのはほぼほぼ不可能になります。

虎怒効果は次ターンの敵武将手番時に消失してしまうため、このようなことが起きてしまいます。

最初に説明しましたが、関銀屏の速度は比較的高い数値です。ただ、馬超や関羽、趙雲、張飛などの武将も速度が高いため、速度調整が必要な武将なのと、趙雲固有や昏迷乱擾などによっても行動順が変化します。

自軍内での行動順は変化分を除いて、最低限調整し、敵部隊に対して先攻されないように速度振りはしていきましょう。

関銀屏は自軍内で一番最初の行動順

と覚えましょう

追記:ダメージ判定について

関銀屏固有戦法の「目標がダメージを受けるたび」というのは象兵のダメージも対象となり、覇業専用のスキル書「乱打」もダメージ判定されるようです。荊棘はカウントされないそうです。ダメージを「肩代り」はカウントされず、龐統の鉄鎖連環もカウントされません。ちなみにダメージが0の場合はカウントされます。
関銀屏を使う際はこの特殊性を理解しておくと良さそうです。

乱打は覇業専用の勲功商店で交換ができる「スキル書」を使って手に入れることができます。

シーズン5:蜀騎馬(姜維関銀屏劉備)

シーズン5:蜀騎馬(姜維関銀屏劉備)

関銀屏編成の中でも非常にバランスの取れた編成です。箕形陣と暫避其鋒で部隊の耐久性を大きく向上させ、姜維の固有+昏迷乱擾で敵武将の属性値を大幅に下げます。劉備は2種の回復を持ち、自軍の兵力を維持させます。

関銀屏:箕形陣の効果

箕形陣は関銀屏のそれほど高くない武力属性でも60%低下させるほど強力な陣法です。箕形陣の強力な効果は3ターン持続するため、対三勢陣、孫権騎馬、袁術などの強力な主将武将を封じます。

代替戦法

籠城自守は意気衝天で代替可能です。千軍一掃との相性も抜群です。
千軍一掃は瞋目大喝や勇壮飛燕など、手数が多く、ダメージが期待できるものにしましょう。
昏迷乱擾は形機軍略などで代替し、攻撃の手数を増やして恐慌機会を増やすのを狙っても良いでしょう。
箕形陣は意気衝天または奇計良謀で代替しましょう。

シーズン5:蜀槍(馬超関銀屏黄月英)

シーズン5:蜀槍編成(馬超関銀屏黄月英)

馬超は蜀武将の中でもトップクラスに攻撃的で、攻撃の手数が多い武将の一人です。

馬超の手数の多さは関銀屏の固有戦法との相性は抜群です。裸衣血戦と大戟士で更に手数と火力が伸び、黄月英の自軍全体の先攻付与は関銀屏の固有を更に活かします。

関銀屏→馬超の行動順になるように速度調整はしましょう。

慰撫軍民などが入った耐久編成、意気衝天やSP袁紹のような封印付与編成とは相性が悪いため避けたほうが良いでしょう

関銀屏スタートダッシュ編成

関銀屏スタートダッシュ編成:姜維関銀屏張春華

S5先行サーバーで関銀屏スタートダッシュ編成を試してみました。結論から言うと、

スタートダッシュ編成としては良好

でした。

土地4攻略はLv8

土地4攻略の戦歴

ランクアップなし武将でもLv8から土地4攻略が可能でした。兵損は大きいため、実戦ではLv9からのほうが良いでしょう。

土地5攻略はLv14

土地5攻略の戦歴

ランクアップなし武将でもLv14から行けるのはかなり早いスタートダッシュ編成でしょう。

姜維の固有戦法が安定発動
関銀屏の固有戦法は発動率60%と高く、恐慌付与が強力
張春華も固有戦法で関銀屏のスタック貯めを後押し

蔡琰と張春華の選択ですが、私は回復よりも火力推しです。関銀屏の固有も虎怒スタックを溜めれればダメージ+恐慌付与のため、攻撃数が多いほうが関銀屏との相性は高く、早期に敵兵力を失わせたほうが良い結果は多いでしょう。

覚醒後の編成

関銀屏スタートダッシュ編成:姜維関銀屏張春華

覚醒後は上記編成を参考にしてください。関銀屏の恐慌を引き出す目的なら、杯中蛇影を火熾原燎にするとより攻撃数が増えます。

スタートダッシュ編成の最終形

蜀騎馬:姜維 関銀屏 劉備

シーズン5スタートダッシュ編成:蜀騎馬(姜維関銀屏劉備)

こちらはコスト19と少し高めの最終編成。

蜀騎馬②:姜維 関銀屏 趙雲

スタートダッシュ蜀騎馬編成:姜維関銀屏趙雲

劉備型蜀騎馬の他に趙雲を最終編成に加えた形も作れます。こちらはコスト18です。

箕形陣がない場合は関銀屏を速度振りして、兵法書を機動防御・速戦・励軍に変更し、奇計良謀で代替しましょう。恐慌付与要員に転換するのも選択肢の一つかもしれません。

戦歴

関銀屏の解説と編成例

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次