三国志真戦のYouTubeチャンネルはこちら

【三国志真戦:シーズン4】S4主力5部隊を公開!部隊編成や戦歴解説しました

三国志真戦 S4の主力5部隊編成を公開

上記動画のブログ版となります。

今回は私がS4で実際に使っている主力編成を解説、戦歴紹介します。S4は劉備勢力でプレイしているので、一部劉備勢力でしか組めない編成があるのはご容赦下さい。

また一部戦歴数が足りない編成もありますが、今季の戦争では盾と槍兵種の利用者が非常に少ないので、どうしても特定兵種の戦歴が足りなくなってしまいます。そちらもご理解いただけたらと思います。

目次

シーズン4の戦功実績

シーズン4:累計戦功

今回紹介する編成は私が実際にシーズン4で組んだ編成です。その結果、シーズン累計戦功は3640845でした。

1軍:陸遜藤甲兵

f:id:xxxcodomoxxx:20220207224312p:plain

陸遜藤甲兵編成の解説しましたが、この陸遜藤甲兵編成で戦功の山を作っているので、ぜひ陸遜藤甲兵編成の下記動画を一度ご覧ください。

ブログ版はこちらです。

この編成は対兵刃編成への圧倒的な勝率と継戦力だと思います。対兵刃であれば兵種相性は関係ありません。一方的に勝利してしまいます。また対計略編成においても魏法騎や燃焼付与編成などは苦手です。

戦えば負けるという相性ではなく、兵損は増えるが、勝つことも少なくないという特徴があります。つまり、苦手編成がそれほど多くないということです。

対兵刃編成との戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207224618p:plain

実際に戦歴を見ていきましょう。対兵刃は戦歴の通り、一方的に勝つことができます。剣鋒破砕や混乱、制御によって兵損が増えることはありますが、負けることはあまりありません。特に孫尚香騎馬には負けた記憶がありません。それくらい一方的に勝ち続けられます。

対計略編成との戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207224726p:plain

次は対計略編成を見ていきましょう。

対麒麟は、兵種相性も良いため火熾原燎程度の燃焼火力では兵損が増えますが、負けるほどではありません。燎原之火入りであれば、大きなダメージにはなるでしょう。

対陸遜三勢陣は特に相性が悪い想定編成の一つでしたが、諸葛亮に陸遜の固有戦法発動妨害受けたり、敵陸遜に燃焼付与され、左慈にこちらの攻撃を回避されていても、勝つことができていました。

なお、この戦闘では刮骨療毒の発動は0回でした。それだけ兵無常勢と魯粛固有の回復が大きいことを示していますし、魯粛固有の被ダメ減効果もいい仕事をしているということなのでしょう。もちろん兵種相性が良い点も大きいとは思います。

また、賈詡三勢陣は兵種相性が悪く、賈詡固有火力と混乱付与は相性が悪いですが、味方を燃やさなければどうにかなる相性です。対孫権は兵刃孫権なら問題ありませんが、計略系だと、陸遜と孫権共に一撃を叩きこむと落ちる関係性なので、運に左右されやすい組み合わせです。

基本的には騎兵、計略、混乱、程昱、燃焼などが複数含まれていると勝つのが難しくなります。

 

2軍:呂布三勢陣

f:id:xxxcodomoxxx:20220207224808p:plain

次は呂布三勢陣です。

私は虎豹騎を持っていないため錦帆軍で代用し、弓編成にしています。

一騎当千ではなく暴戻恣睢にしているのは決闘でより確実に勝てるようにするためです。単体への火力重視とし、錦帆軍による追撃ダメージを加えて、単体武将を確実に倒していけるのを理想としています。錦帆軍+克敵制勝によるコンボも狙っており、克敵制勝による虚弱付与も戦闘に大きな影響を与えることもありますが、これは影響を与えたらラッキー程度の効果だと考えてください。

錦帆軍で潰走付与、潰走状態の相手に克敵制勝が発動、70%の確率で虚弱付与かつ、火力を出す武将に虚弱付与でなければいけないため、戦闘への影響を与えにくく、それほど重視すべき戦法ではありません。

今回は剣鋒破砕を陸遜で利用しているため、克敵制勝はその代替戦法として利用しています。ただ、対呂布で太史慈が決闘の対象になった場合は克敵制勝の虚弱付与の可能性は高くなります。

対騎兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207225406p:plain

それでは対騎兵戦歴を見ていきましょう。

錦帆軍の呂布三勢陣は突撃戦法の発動率が虎豹騎より低いため、虎豹騎編成と比べると火力が安定しません。ただ、発動してしまえば錦帆軍も含めて単体への火力がかなり出るため、上振れダメージはかなり大きなものとなります。

上振れれば、藤甲兵を除く、どんな編成を相手しても勝つことができます。一騎当千型であれば呂布の総ダメージは大きいですが、決闘によるタイマンで撃ち負ける可能性は高くなるでしょう。

ただ、呂布郭嘉黄月英のような編成では、一騎当千のほうが向いているとは思います。横戈躍馬や鉄騎駆馳などで呂布の火力を最大化させるほうが勝率は高いのではないかと思います。

また郭嘉と黄月英の選択ですが、私は瞬間火力重視なので、黄月英をお勧めします。火力バフに先攻付与は非常に強いと思います。

対騎兵は騎兵舎LvMaxの「自軍全体の騎兵速度+20」が非常に重要になります。まず、先攻を取る、呂布の固有が発動し、突撃戦法が発動すれば、それだけで勝つ可能性があります。多少の相性はありますが、呂布の場合は、先攻した上で、固有と突撃戦法さえ発動すれば、相手を破壊できる圧倒的な火力があります。

ただ、私のように虎豹騎を持っておらず、錦帆軍で代用する場合は先攻が取りにくいので、鉄騎駆馳や黄月英型の呂布編成相手には後手となり、勝率を下げてしまう要因にはなります。それでも黄月英の先攻効果によって、郭嘉型の呂布や張遼などの編成には先攻が取れるので、錦帆軍呂布編成で行くなら黄月英型をお勧めします。

対弓兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207230305p:plain

次は対弓兵です。対麒麟は天下無双が発動できれば結構勝てます。比較的相性は良い組み合わせです。対呉弓はめったに負けません。対弓は瞬間火力の高い編成も少なく、制御戦法も少ないため呂布の機嫌次第で勝ち負けが決まります。

対盾兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207230351p:plain

次は盾兵です。盾兵は兵種相性が悪いので、勝率は下がります。もちろん呂布固有の発動次第では勝つこともしばしばあります。ただ、今季は盾編成が非常に少ないので、苦手編成と戦うこと自体が少ない状況でした

対槍兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207230411p:plain

次は対槍兵です。兵種相性が良いため、勝率は高いです。天下無双を発動した対象に殴り負けるような武将もいませんし、天下無双の発動次第ではかなり楽な戦いが多いと思います。今季三勢陣の評価ですが、やはり呂布三勢陣が一番いいのではないかと思っています。陸遜三勢陣は弓兵種ですが槍編成を組むプレイヤー数が少なく、対槍編成のために陸遜三勢陣の選択は優先すべきとは思えません。陸遜三勢陣は兵刃騎馬に強みはありませんし、賈詡三勢陣は悪くはありませんが、もう少し凌統の利用率が下がらないと回避編成の運用は厳しいです。対天水・天下槍の勝率が低い点も気になります。呂布三勢陣はその中でも多くの編成で戦っていける三勢陣編成ではないかと思うので、今季三勢陣の中では高く評価しています。

3軍:孫尚香騎馬

f:id:xxxcodomoxxx:20220207230429p:plain

次はS4大人気編成である孫尚香騎馬です。

主将選択ですが、凌統主将が一番良いかもしれません。周泰主将は周泰が落ちやすいので勝率が下がります。ただ、この編成は凌統固有と裸衣血戦、西涼鉄騎の効果中に勝負を決められていない場合は負けと同等なので、周泰が落ちて戦闘終了になったほうが良い、という自爆隊運用で考えてしまうのもいいのかもしれません。

孫尚香は虎踞鷹揚よりも百騎劫営を推奨します。百騎劫営による火力は裸衣血戦と西涼鉄騎に向いていますし、対呂布に突撃戦法があるほうが決闘で勝てる可能性が高くなります。

虎踞鷹揚の封印耐性は弱くはありませんが、封印付与してくる編成を避ければいいですし、虎踞鷹揚による火力バフは最大化されているころには西涼鉄騎や裸衣血戦の効果も終わりかけているので、あまり意味があるとは思えません。

この編成への意気衝天は優先的に利用しましょう。理由は以治撃乱選択による火力増が期待できることと、対太史慈弓はこの編成で充分対応が可能だからです。従来は桃園盾などで対応していましたが、桃園盾が必要なのはもはや対麒麟弓くらいしかありません。桃園を組む理由が乏しくなり、対弓は盾ではなく、瞬間火力が高く、意気衝天がある孫尚香騎馬で充分だと考えています。

ただ、孫尚香騎馬では麒麟弓を相手するのは荷が重く、慰撫軍民や八門金鎖のダメ減効果をかいくぐって、短期的に高火力を打ち込む必要があるので、中々簡単ではないように思えます。

臥薪嘗胆持ちの人は凌統を以治撃乱、臥薪嘗胆がない場合は落鳳などの高火力兵刃ダメ戦法で代用し、以治撃乱または勝敵益強+常勝を選択肢、凌統固有と裸衣血戦、西涼鉄騎の効果がある序盤ターンにダメージを出せるように兵法書を選択しましょう。

対騎兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207230727p:plain

戦歴を見ていきましょう。

対騎兵は勝ったり負けたりです。対魏法騎は削り切れず、じり貧になって負けるケースが多く、対呂布は天下無双の対象が孫尚香であれば、勝つことも少なくありませんし、孫尚香や凌統の火力で呂布が沈むこともあります。

対左慈などの回避編成は有利ですが、孫尚香が確実に必中効果を付与されるわけではない、という点がこの編成の悩ましいところです。奸雄騎は意気衝天入りであれば脅威ではありません。

臥薪嘗胆があればもう少し勝率はあがるはずです。

 

対弓兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207230836p:plain

次は対弓兵です。

対太史慈編成は意気衝天があると、意気衝天の効果中に、こちらの凌統固有+裸衣血戦+西涼鉄騎が発動するので、序盤ターンで勝負を決めるダメージをだせればそのままあっさり勝つことができます。

折衝禦侮も必中効果で貫通するので、その点も得意とする理由です。対麒麟弓は先ほど解説した通り、あまり勝つことができません。

対錦帆軍は連撃系、特に太史慈編成であることが多いので、錦帆軍は狙い撃ちしても勝ちやすい相性だと思います。

対盾兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231017p:plain

次は対盾編成です。

兵種相性は良いので勝ちやすいですが、藤甲兵は避けてください。特に藤甲兵+暫避其鋒の組み合わせはまず兵刃ダメージが通りません。私が愛用している陸遜藤甲兵には特に勝負にならないので、藤甲兵は避けてください。

対槍兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231034p:plain

次は対槍編成です。

対槍は兵種相性が悪いですが、勝率自体は悪くありません。兵損は高くなりやすいですが、被ダメ減戦法を積む編成が少ないため、相性が良いのだとは思います。

五虎将軍のように張飛が入ると意気衝天が入りやすいので、孫尚香が対象になると厳しくはなりますが、それ以外では悪くない勝率だと思います。ただ、苦手兵種なので、槍兵種を狙い撃ちするほどの相性ではないので注意してください。

4軍:天下槍

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231110p:plain

今季初利用の天下槍です。組んでみて思ったのは、もう天下槍の時代は終わったな…ということです。組んだ理由は対賈詡編成が必要と考えたからです。

実際対賈詡編成における勝率は高く、対兵刃騎馬編成との勝率は想定よりも低い物でした。対呂布三勢陣、対孫尚香などにも運がよければ勝てる、という相性ですし、麒麟弓にはまったく歯が立ちません。

対騎兵を想定して、天下槍を作っても勝率が高くないことから、S4の兵刃騎馬対策は藤甲兵でファイナルアンサーという結論になりました。

S4は瞬間火力が高い兵刃編成が多いので、その火力を低減した上で、ダメージトレードで勝つ必要があるため、準備ターンがある戦法を持つ武将や戦法だと対応が厳しく、1ターン目から準備ターンに入ってくれないと間に合わないことすらあります。

対騎兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231224p:plain

実際に戦歴を見ていきましょう。

対騎兵はそれなりに勝てますが、対呂布黄月英の瞬間火力にはかなり苦しめられます。対賈詡は安定して勝てますが、被ダメも少なくありません。

対孫尚香戦歴はありませんでしたが、孫尚香騎馬を使っていて天下槍に苦戦している戦歴は少なかったので勝つのは難しいと思います。

対弓兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231302p:plain

次は対弓です。兵種相性が悪く、勝てる編成は多くありません。白馬義従のようにアクティブ戦法に依存する編成であれば諸葛亮の固有次第では勝つことはありますが、対弓は避けましょう。

対盾兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231320p:plain

次は対盾兵ですが、戦歴が全然ありませんでした。いずれも桃園編成で発動運により勝負が決まり勝ちな戦歴はS3以前と同様でした。

対槍兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231357p:plain

次は対槍兵ですが、五虎将軍はアクティブよりな編成が多いため、有利だと思います。

天水槍との戦歴はありませんでしたが、不利だと思います。といった具合に有利編成といえる編成が天下槍は多くないので、組む理由が乏しいのが実情ですが、対賈詡などの主力騎馬編成への対策にはなりますし、天水槍が組めない場合は天下槍で代用する必要があります。

ただ、賈詡三勢陣は孫尚香騎でもいい気はしますし、魏法騎は呂布三勢陣でねじ伏せるのを狙ってもいい気はします。初めての利用ですが、天下槍をまた組みたいとは思えませんでした。来季姜維を引けたら麒麟弓、引けなかったら龐統を使った蜀智弓を検討します。

5軍:魏法騎

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231514p:plain

魏法騎も初利用です。

前期は五謀臣編成を利用しました。利用上の比較で言うと、それほど大差はないのかなという印象です。この編成は5軍利用なので、刮骨療毒は陸遜編成で、昏迷乱擾は天下槍で使っています。智計は程昱のために安定した弱体付与として利用しています。

相性が良いのは、鋒矢陣編成、盾全般、瞬間火力が高くない編成は比較的対応できます。対張遼は曹操固有や傷兵支援などで被ダメ減が効くので、結構戦えます。剣鋒破砕入りの張遼は厳しくなります。

対天下槍、天水槍などは相性としては最悪な部類だと思います。

瞬間火力の高い呂布三勢陣は一瞬で1武将が落ちることも多いので、かなり苦手な部類。対孫尚香も得意とまでは言えません。

ただ、賈詡の混乱効果で相手が自滅することも少なくないので、賈詡次第ともいえます。賈詡の兵法書は必ず先制を付けるようにしましょう。

対騎兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231712p:plain

戦歴を見ていきましょう。対騎兵はあまり得意とは言えません。郝昭型の魏法騎には勝てません。孫尚香には勝っている戦歴ですが、苦手編成に入ると思います。呂布は明らかに苦手です。

対弓兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231733p:plain

対弓兵は対諸葛亮が苦手なので、蜀智や麒麟、天水弓などに勝つのは困難です。

対盾兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231756p:plain

対盾兵は戦歴が少ないのですが、得意兵種であり、編成の構成上かなり楽に戦える編成が多いのが特徴です。司馬懿盾なども戦いやすい編成で、鋒矢陣入りであれば更に楽に勝てます。藤甲兵入りの場合も問題にはなりません。

対槍兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231822p:plain

対槍兵は兵種相性が苦手かつ、天下槍などの諸葛亮+趙雲入り編成は特に苦手な編成となります。趙雲がいなければ混乱付与で、諸葛亮がいなければ、アクティブ戦法が安定発動するので、まだ戦えますが、対槍兵との戦闘は避けましょう。

 

サブ垢:五虎将軍

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231841p:plain

最後にサブ垢で使っている五虎将軍編成をおまけしておきます。

月額課金垢を2つ持っていますが、なぜかどちらのアカウントも似たような武将しか引けません。劉備曹操孫権陸遜やシーズン武将などが足りていないので、五虎将軍が1軍としてどちらのサブ垢でも利用しています。

ちなみに2軍はどちらのアカウントも呂布三勢陣を使っています。サブ垢同士で武将が偏りすぎているので、もう少し遊べる武将を引けることを祈っています。

さて、五虎将軍ですが、サブ垢同士での違いは千軍一掃と剛勇無比の有無のみです。それ以外は同じ編成となっています。

対騎兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207231957p:plain

戦歴を見ていきましょう。

対騎兵はそこそこ戦えます。趙雲は洞察持ちなので、対賈詡ではそれなりに戦えます。

奸雄騎相手にも勝ってますが、意気衝天による影響が強いと思われます。

対呂布三勢陣は有利兵種であっても、火力負けしています。特に郭嘉入りの編成の場合は制御戦法が効きにくいので、呂布が止まりにくいのも原因と考えられます。

五虎将軍編成は準備ターンを要する強力な戦法が多いので、ダメージの発生が遅い点で、瞬間火力系の呂布編成との相性が悪いという印象です。

兵種相性が良くても、準備ターンのある戦法が発動する前にダメージを与えられると勝ち目がなくなるので、奇計良謀などの被ダメ減戦法が必要かなとも思いましたが、強みを失わせるような編成を作りたくないので、脳筋コンセプトのままで組みたいと思います。

ただ、S4の兵刃騎馬の対策は藤甲兵が一番手っ取り早いと思います。槍編成作っても安定して勝てませんから。五虎将軍や天下槍では少なくともだめですし、天水槍でも同様だと思います。孫策勢力の陸遜槍なら戦えるとは思います。

対弓兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207232106p:plain

対弓兵は兵種相性が不利なので、勝つのは難しくなります。対太史慈編成は意気衝天のおかげで勝てることがありますが、対弓は諸葛亮入り編成も多く、多くのアクティブ戦法が封じられるリスクがあるため勝つのは難しい相性です。

対盾兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207232128p:plain

対盾兵は藤甲兵相手でなければ五分の勝率だと思います。桃園は制御付与次第ですが、劉備の回復以上に火力を叩きこみやすいので苦手相性とは言えません。

対槍兵戦歴

f:id:xxxcodomoxxx:20220207232149p:plain

対槍兵はアクティブ戦法を妨害してくる諸葛亮が苦手なので、勝率は低めです。青州兵入りであれば多少勝率は改善するかもしれません。

まとめ

今回は以上となります。メインアカウントの主力5部隊とサブ垢で利用している五虎将軍編成について解説しました。

対盾・槍編成の戦歴が少ないのは馬騰勢力と戦争しており、その多くが虎豹騎・西涼鉄騎編成のためです。たまに象兵を見る程度で、かなり兵刃騎馬編成への偏りが強いように思えました。

これはサーバーや同盟によっても編成トレンドが明確に出てくるため、これからS4を迎える人が同様の経験になるかはわかりませんが、私の経験を共有できればと思い、今回のブログを書きました。

S4テンプレ編成リストを公開しております。S4編成のアイディアとして活用して下さい。

三国志真戦 S4の主力5部隊編成を公開

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる